いまや医療にデーターベースはかかせないもの

  • いまや医療にデーターベースはかかせないもの

    • いまや医療にはデーターベースが欠かせないものになりました。

      その筆頭となるのが「電子カルテ」です。

      今では大規模病院はもちろんのこと、クリニック系でも導入されている病院が増えています。では、電子カルテとはどういったものなのでしょうか?今は病院に行くと、ほとんどのお医者さんはパソコンに向かって何か操作しながら診察していると思います。

      医療のデーターベースについての情報ならこのサイトです。

      昔みたいに紙に書きながら診察されるお医者さんはほとんど見かけないのではないでしょうか?そう、このパソコンに向かって操作しているのが「電子カルテ」なのです。

      この電子カルテは膨大なデーターベースの中に患者さんの情報や診断結果、検査情報など医療に関わるたくさんのデータが蓄積されています。
      そしてこの電子カルテを使うことにより、患者さんにもたくさんのメリットがあります。


      たとえば検査をしたときに大きな病院だと検査室と診察室が離れているため、検査結果(特にCTなどの画像系)が診察室に届くまでかなりのタイムロスがありました。

      でも電子カルテでは数秒でデータが届きます。

      そうなることにより、患者さんもそれほど待たずに検査結果を聞けるようになりました。

      NAVERまとめのお役立ち情報を公開しています。

      他にもメリットがあります。


      それは蓄積したデータの2次利用です。電子カルテが導入され始めてから15年近くたっているので、早く導入した病院にはかなりの症例データが蓄積されています。
      それらのデータを活用することにより、今後の医療の質の向上に役立てることも行われています。



      このようにいまや医療にデーターベースはかかせないものであり、今後の医療発展のためにも重要なものです。

  • 医療のテクニック

    • 医薬品は治療効果を発揮する一方で副作用も併せ持っています。どの薬品と合わせて服用すると、どのような副作用があるのか。...

  • 医療の補足説明

    • 医療情報データーベース事業は、厚生労働省が医療における隠れた副作用を発見したり、どの程度の副作用が生じているのかを把握するために平成23年度から実施している事業です。具体的には全国の10の協力医療機関を選定し、そこを拠点にデーターベースを設置して1000万人規模のデータを集めるものです。...

  • 予備知識

    • あらゆる仕事を行うにあたって今も昔ももっとも重要なのが、過去からのデータの蓄積ということになってきます。自分から何かを開発したり、製作するにしても前にどのようなものを作ったのかということはきちんとデータとして必要になってきますし、事務仕事などでも、どのようなものをいつ購入したのか、または売却したのかといったことは重要になってきます。...

  • 基礎知識

    • 医療データーベースは例えば適切な薬の選択のために使うことができます。どんな病気でも構いませんが、何かの病気にかかっている患者さんがいるとして、A薬を使うのがよいかB薬を使うのがよいかお医者さんも悩んでいるというような場合です。...

top